施工事例 / リフォーム住宅

example

「車庫が邪魔になって暗い家の中」

範囲指定プラン
祖父母・父・母・長男・次男・長女

夢ハウスを選んだきっかけ リフォームフェアに来場した時に夢ハウスのブースに立ち寄ったのがきっかけ。
リセット前の状態 とにかく寒くて暗い家。家族揃うと窮屈な8帖のキッチン。日曜日は時間差で食事をとっていた。団らんの場所がなく、食後は家族バラバラ。台所は孤立した間取り。台所にいる間は常にひとりだった。3人の子どもと父・母の5人が2階の和室8帖で一緒に寝ていた。子どもたちは3人で一部屋。プライベートがなかった。浴室はタイル貼りで非常に寒く、1階居間の床はブカブカしていた。
3人の子どもと父・母の5人が2階の和室8帖で一緒に寝ていて、プライベートな空間はなかった。
朝早くから夜遅くまで動きつづける奥様の動線を短くするために水廻りに寝室を設けた。ご主人の書斎は一番奥でありながら明るさもとれる場所につくった。
食事はキッチンで済ませていたが、家族全員が揃うと窮屈なため、時間差で食事をとるしかなかった。
車庫と居間をくっつけ、対面式キッチンが入っても十分広いリビングダイニングを実現。家族全員だけでなく、親戚・友人を呼んでも食事が楽々とれるスペースになった。
それぞれが使えるスペースは畳2枚程度。今の間取りでは一人一部屋は難しい。

リビングのリフォームでなくなった中2階を補うために、2部屋を3部屋に。階段の位置を移動し、将来的に一部屋にもできる自由度の高い間取りへ。

3人の子どもと父・母の5人が2階の和室8帖で一緒に寝ていて、プライベートな空間はなかった。
朝早くから夜遅くまで動きつづける奥様の動線を短くするために水廻りに寝室を設けた。ご主人の書斎は一番奥にありながら明るさもとれる場所につくった。