施工事例 / リフォーム住宅

example

使っていなかった部屋を夫婦の寝室に変更

古民家再生プラン
大おばあちゃん(体が不自由)・父・母・子

夢ハウスを選んだきっかけ
水廻りのリフォームを考えていた時、夢ハウスの見学会に足を運んで、相談をしたのがきっかけ。
リセット前の状態
本宅が築80年。台所、洗面、浴室のみ築30年。1階は8部屋もあったが、実際には台所と6帖1部屋しか使っていなかった。台所の床がブヨブヨしていた。とにかく寒い。そのため田の字型になっていた和室6部屋はほとんど使っていなかった。
1階には8部屋もあったが、どの部屋も寒くて台所と6帖1部屋しか使っていなかった。
家族、親戚、友人が集まって食事がとれるような広くて暖かい部屋にし、家事動線もスムーズになるよう間取りを変更した。
本宅の座敷と茶の間は、代々受け継がれてきた歴史があるので、そのまま残したい。
元々あった柱や梁などをそのまま見せられるよう、この部屋のみ全面リフォームではなく仕上げリフォームにとどめた。
2階には和室が二間あったが、寒いこともあり、ほとんど使っていなかった。
二間をひと続きの板間に変更、フリースペースとした。将来、仕切れるように入り口も2カ所設けた。
30年前に増築した水廻りは新建材を多用したため、築年数以上に傷みが激しく、床はブヨブヨしていた。

30年前に増築した部分は、リフォームしても効果が薄いと判断。無理に残さずにまるごと解体することを提案。水廻り機能を本宅に移した上で、使いやすい間取りに変更。